>

    1: カルスタ実況者


     スポニチアネックス 2月7日 22時37分配信 
     
     中国1部の上海上港は7日、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)プレーオフで、タイ1部のスコータイと対戦。新加入のブラジル代表MFオスカル(25)がさっそく先発出場。前半34分に先制ゴールを決め、3―0の勝利に貢献。今冬の“爆買い”で注目を集めたチームがACL本戦に駒を進めた。
     
      FWフッキやFWエウケソンなどブラジル人トリオがそろって先発した上海上港は前半から攻勢を仕掛けると、前半34分にオスカルが先制弾。その5分後にはFWエウケソンが追加点を決め、2―0で折り返す。 
     
      後半になっても上海上港の優勢は変わらず。同13分に相手DFのオウンゴールで3点目を奪い、そのまま試合終了。強力タレント陣が力を発揮し、難なく本戦出場を決めた。 
     
      上海上港は今冬にプレミアリーグ首位のチェルシーから推定6000万ポンド(約86億円)でオスカルを“爆買い”し、話題を集めた。チームにはブラジル代表FWフッキやFWエウケソンが所属しており、オスカルの他にも今冬には“アジアNo・1ボランチ”との呼び声も高いウズベキスタン代表MFアフメドフを獲得。 
     監督もかつてチェルシーやトッテナムで指揮を執ったアンドレ・ビラス・ボアス氏という豪華布陣で、初のACL制覇へ本気度が高い。 
     
      上海上港はACL1次リーグH組に入り、浦和(日本)、FCソウル(韓国)、ウェスタン・シドニー(豪州)と対戦へ。浦和にとっては厳しい組み合わせとなってしまった。 
     
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170207-00000147-spnannex-socc





     

     

    【【ACL】オスカル先制弾!上海上港 3発大勝でACL本戦出場、浦和と同組に…】の続きを読む

    image



    1: カルスタ実況者


     ミランのMF本田圭佑に8日のボローニャ戦でチャンスが回ってくるかもしれない。 
     
     ミランにとっては重要な試合となるセリエA第18節のボローニャ戦。リーグ戦では3連敗中(ユヴェントスに敗れたコッパ・イタリアも含めれば4連敗中)と完全に調子を落としているために、ここで悪い流れを断ち切りたいところだ。 
     
     ミランの連敗によって、上位の順位表は変動が激しくなっている。3連敗したことでヨーロッパの舞台への復帰を目指すミランにとって状況は難しくなったが、まだチャンスはある。 
     
     アウェーのダッラーラ・スタジアムで開催される、ロベルト・ドナドーニ監督率いるボローニャとの1戦が浮沈の鍵を握ることになりそうだが、連敗中には毎試合1点しか決めることができていない攻撃面に改善点があるだろう。 
     
     『Sky Sports』によれば、ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督は練習中に普段とは違う前線の選手の組み合わせを試しているという。右サイドのスソを外す考えはないものの、前線ではラパドゥーラとバッカ、左サイドではオカンポス、デウロフェウ、そして本田圭佑の候補の中から誰を起用するか頭を悩ませているようだ。 
     
     本田は今シーズン出番を減らしており、モンテッラ監督の構想から外れてしまいそうな状況にある。本田としては何としてもこの試合で出場機会を掴み、現在の序列を覆したいところだろう。 
     
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170208-00000005-goal-socc





     

    【干されたベンチ本田圭佑にチャンス到来か、ボローニャ戦に左サイドで先発する可能性が浮上【海外サッカー】】の続きを読む

    image


    1: カルスタ実況者


     鹿島は7日、宮崎県総合運動公園で練習を行い、7日間のキャンプを打ち上げた。最終日はフットテニスを開催。 
     石井正忠監督(50)がポケットマネーから「勝ったチームには宿舎で販売するお土産買い放題」と優勝賞品をぶら下げ、 
     1チーム5人の6チームで争われた。優勝はGK小泉、DF昌子、MFレオ・シルバ、梅鉢、FW赤崎のチーム。
     果物など総額3万円分を買い込んだという。 
     
      目的はリラックスすることだったが、もうひとつ大事な見極めがあった。新助っ人4人を含め8人が新加入。
     指揮官は「性格も見られますね」と選手に何も伝えず、人間性を知るために誰が何にいくら使うかを見た。 
     一番多く買い込んだのは、ストライカーらしく貪欲な姿勢を見せた赤崎だった。 
     「思ったより選手の体が動いていた」とキャンプを総括した石井監督。 
     選手の内面を知り、連覇への起用に生かしていく。(内田 知宏) 
     
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170208-00000006-sph-socc





     

    【【サッカー】鹿島アントラーズ “お土産買い放題”でキャンプ打ち上げ…石井監督自腹で賞品  その総額は?】の続きを読む

    このページのトップヘ